2009年11月19日

安心できる野菜が一番です。

中国産野菜の残留農薬問題や、毒入りギョーザ問題もまだまだ記憶に新しいところです。
最近では中国産の加工品は見ることもありますが、野菜類の大半が国内産を扱っているように思います。
野菜を買う場合も、「これは安心野菜?」と確かめながら買い求めています。

野菜を安心して食べるのは、残留農薬や土壌汚染などの問題も気になりますが、同時に栄養も考えることが大切です。
日本国内の野菜にも害虫駆除や病期予防として農薬は使うものの、日本での使用基準値が他国と比べても厳格なことや、薬物としての反応も極めて弱く抑えてあるため、人体への影響はほとんどない薬品の使用となっていますので、国内産の野菜は輸入野菜と比較しても安心できる野菜と言えるでしょう。

また、栄養分に関しても、有機肥料で育てた野菜は、有機肥料に応じた様々な栄養分を取り込み、食材としても大変価値のある野菜ともいえます。

野菜を食べるには、安心野菜、健康野菜で安心して野菜の持つ味を楽しみたいものです。

こんなサイトもあります。
安心野菜と無添加食品で健康生活
posted by ステップ at 14:33
"安心できる野菜が一番です。"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。